< リフレ インターネットサービス ご入会申込 >
フレッツADSL& ISDN
Bフレッツ
レンタルサーバー
メールコース
下記の規約に同意して頂きコースを選択してください。詳しくはサービス案内をご覧ください。


< リフレ インターネットサービス会員規約 >
本規約は、会員とリフレインターネットサービス(以下リフレという)との間の、 リフレが提供するリフレ通信サービスの利用に係わる一切の関係に適用します。
第1条 (本規約の範囲および変更)
リフレ通信サービスが、提供する手段を通じて、随時会員に対して、発表される諸規定は、本規約の一部を構成し、会員はこれを承諾します。また、リフレは、 会員の了承を得ることなくこの規約を変更することがあり、会員は、これを承諾します。この変更はリフレ通信サービスのホームページまたはリフレが提供する手段 を通じて随時会員に発表します。
第2条 (会員の承認)
リフレは利用申込を行った方が、以下の項目に該当する場合は入会の承認をしない場合があります。または承認後でも承認の取り消しを行う場合があります。 (1) 過去に会員規約違反などにより、リフレ通信サービスの会員資格の抹消 が行れていることが判明した場合 (2) 申込内容に虚偽、誤記またはもれがあったことが判明した場合 (3) 申込者の指定した、クレジットカード、支払い口座などが、クレジットカード会社、収納代行会社、金融機関などにより利用の差し止めが行われていることが判明した場合 (4) リフレ通信サービスの使用料金の支払いが怠っている場合 (5) 申込者が未成年者で、保護者の同意を得ていない事が判明した場合 (6) その他、リフレが会員とすることを不適当と判断する場合
第3条 (会員番号およびパスワードの管理責任)
会員は、会員IDとして、リフレより付与されたIDまたは番号(以下IDという)およびパスワードを第三者に譲渡もしくは利用させたり、売買、名義変更、質入などすることはできません。会員は、本規約に基づき付与されたIDおよびパスワードの管理、 使用について責任を持つものとし、リフレに損害を与えることのないものとします。会員は、当該IDおよびパスワードでのリフレ通信サービスの利用に対する責任を負うものとし、自己の責任によりその利用に係わる一切の債務を支払うもの とします。
第4条 (リフレ通信サービスの内容の変更および停止)
リフレは、会員への事前の通知なくして、リフレ通信サービスの諸物件、運用規則、またはリフレ通信サービスの内容を変更することがあり、会員は、これを承諾します。この変更には、価格の変更およびリフレ通信サービスの内容の部分的な改廃などを含みますが、これらは限定されません。また、リフレは最低3ヵ月の予告期間をもって、リフレ通信サービスを停止することができます。この変更、停止などについては、リフレ通信サービスのホームページまたはリフレが提供する手段を通じ、発表するものとします。
第5条 (サービスの一時的な中断)
リフレは次に該当する場合には、会員に事前に連絡することなく、一時的にリフレ通信サービスを中断する場合があります。 (1)リフレ通信サービスのシステム保守を定期的に、または緊急に行った場合 (2)火災、停電などによりリフレ通信サービスの提供できなくなった場合 (3)地震、噴火、洪水、津波などの天災によりリフレ通信サービスの提供ができくなった場合 (4)その他、運用上、技術上リフレがリフレ通信サービスの一時的な中断を 必要と判断した場合
第6条 (リフレ通信サービスの内容の保証および中断)
リフレ通信サービスの内容は、リフレが現在の時点で提供可能なものとします。 リフレは提供する情報、会員が登録する文章およびソフトウエアなどについて、 その完全性、正確性、適用性、有用性などいかなる保証も行いません。リフレは、いかなる理由によってリフレ通信サービスの提供の遅延または中断などが 発生しても、その結果会員または他の第三者が被った損害について一切の責任を負わないものとします。
第7条 (損害賠償)
リフレはリフレ通信サービスの利用によって、発生した会員の損害すべてに対して、いかなる責任をも負わないものとし、一切の損害賠償をする義務はないものとします。会員がリフレ通信サービスの利用によって、第三者に対して損害を与えた場合は、会員は、自己の責任と費用をもって解決し、リフレに損害を与えることのないものとします。会員が本規約に反した行為、または不正もしくは違法な行為によってリフレに損害を与えた場合、リフレは当該会員に対して相応の損害賠償の請求を行うことができるものとします。
第8条 (ホームページによる登録内容の変更、複写、移動など)
ホームページに登録された文章などは、必要に応じて、リフレまたはリフレ通信サービスのホームページのシステム管理者により会員へ事前に通知することなく、 題名の変更、またはホームページ内での複写、移動などが行われる場合があります。
第9条 (ホームページ、掲示板、その他の登録内容の削除)
ホームページ、掲示板、その他リフレ通信サービスの使用に関し、登録された文章などの内容が、リフレまたはリフレ通信サービスのホームページのシステム管理者により下記に該当する、またはその恐れがあると判断された場合、会員へ事前に通知することなく、削除されることがあります。 (1) 公序良俗に反する場合 (2) 犯罪的行為に結びつく場合 (3) 他の会員または第三者の財産、プライバシを侵害する場合 (4) 他の会員、または第三者に不利益を与える場合 (5) リフレ通信サービスの運営を妨げる場合 (6) その他、リフレまたはリフレ通信サービスのホームページのシステム管理者により不適当と判断された場合
第10条 (リフレ通信サービスの利用料金などの支払い)
リフレ通信サービスの利用料金などの支払いに関しては、下記の外、各会員ごとにリフレが承認した一つによるものとします。また、利用料金などの支払いは、 毎月行うものとしますが、収納代行会社、金融機関などで別途利用条件、支払い 条件、利用限度額の設定などの規定がある場合には、それらに従うものとします。 会員と当該収納代行会社、金融機関などの間で紛争が発生した場合は、当該当事者双方で解決するものとし、リフレには一切の責任はないものとします。
第11条 (延滞利息)
利用料金などの支払いは、毎月行うものとし、支払い期日を過ぎても支払いが行われない場合は、会員は支払い期日の翌日から支払いの日の前日までの日数に、年14.5%の割合で計算される金額を延滞利息として、利用料金などと一括して、リフレが指定した日までに支払うものとします。
第12条 (会員資格の取消)
会員が、次の各号の一つにでも該当する場合は、リフレは当該会員の会員資格を 会員に何ら事前に、通知および催告することなく、一時停止または取り消すこと ができます。この場合リフレは既にお支払いいただいた利用料金の払い戻しなど は、一切行いません。 (1) 入会時に虚偽の申告をした場合 (2) IDまたはパスワードを不正に使用した場合 (3) リフレ通信サービスの運営を妨害した場合 (4) リフレ通信サービスの利用料金などの支払い債務の執行を延滞し、または支払を拒否した場合 (5) 本規約のいずれかに違反した場合 (6) その他リフレが会員として不適当と判断した場合
第13条 (退 会)
契約は自動更新となっており会員が退会する場合は、退会しようとする日の1ヵ月前までに所定の書式にてリフレに届け出るものとし、リフレに対する債務の全額をただちに支払うも のとします。リフレは、リフレに既にお支払いいただいた利用料金の払い戻しなどは一切行いません。また、退会される場合でもリフレ通信サービスの利用権利などの払い戻しは一切行いません。
第14条 (専属的合意管轄裁判所)
会員とリフレの間で、訴訟の必要が生じた場合、リフレの本社所在地を管轄する裁判所を会員とリフレの専属的合意管轄裁判所とします。
付則この規約は平成12年5月1日から改定実施します。